リフォームのメリット・デメリット

リフォームについて

リフォームとは、長年住んで劣化した住まいや、購入した中古住宅を住める状態に復元するといった、主に改修作業を指す言葉です。

リフォームの範囲に関してですが、クロスの張替えや壁の塗装の張替えなどの気軽にできる工事を指す場合もあれば、屋根全体の交換や大型設備の取り換えなどのような大掛かりなものを指すこともあり、工事の程度によっての線引きはあいまいです。

リフォームの代表的なものとしては、雨漏りの修繕やキッチンや浴槽の取り替え、床総面積の増築などが挙げられます。一軒家の住宅だけでなく、賃貸マンションや賃貸アパートなどでもリフォームは行われ、退去時の修繕などをリフォームと呼ぶ場合もあります。

リフォームの特長は、住宅の資産価値は増やすことなく、あくまでも元の状態の資産価値を復元するというところです。取扱業者などによってもリフォームの範囲は異なりますので一概には言えませんが、概ねこのように捉えておけば問題ないでしょう。また、地震の多い日本においては、耐震強度の補強などもリフォーム案件として多く行われています。

リフォームの特長と注意点

リフォームは住まいの一部だけを工事するため、長期間大掛かりの工事をするリノベーションや建て替えと違い、仮住まいや引越しをする必要がありません。

そのため、工事費以外にも仮住まい費用や引越し費用を出費することがなく、純粋な工事費用だけを見積もればいいのが特徴です。

リノベーションと比べ、規模はコンパクトなリフォームですが、工事をした部分に関して言えば、見た目は新築同様になりますので、家全体の老朽化というよりは部分的な改修が必要だというケースではリフォームを選択するのが得策です。

お風呂やキッチン、屋根の一部の雨漏りなどの改修がリフォーム案件としてよく行われているものになります。

よくある注意点として、家族が増えた際のケースが挙げられます。

家族が増えたことで部屋の数を増やしたいという依頼は多くあるようですが、部屋を増やすという大掛かりな作業は本来リノベーションですべきもの。リフォームで対応できるものだと勘違いをしていると、見積もりを出したときに、予想を大きく超える予算が必要になってくるということが起こります。

そのため、事前にリフォームで対応できる範囲はしっかりと押さえておくようにしましょう。

また、もう一つの注意点は家の強度について。リフォームは一部のみを改修するため、特定の場所や機能に関しては新築状態を取り戻すものの、家自体の強度を考えれば工事前と何ら変わらないという点に注意しましょう。

それに関連して、家自体の強度の強化をリフォームで行う場合には、リノベーションや建て替えの場合よりも割高になってしまうことがあるという点に注意です。

日本は地震の多い国でもありますので、家の強度に関する工事はリフォーム・リノベーション・建て替えに限らず多くなっています。

このような耐震強度の強化などの工事では、業者間でも大きな工事費用の開きが生まれる部分でもありますので、できる限り複数の業者間に見積もりをとって、比較検討をするようにしてください。

そうすることで、大きな失敗をすることなくコスパに優れたリフォームを実行することができるでしょう。

リフォームのメリットとデメリット

リフォームのメリット

リフォームの最大のメリットは、住み慣れた家をそのままにすることができるということです。

一軒家の場合、リフォームが必要になるほど老朽化しているのは、一般的に長い期間住み慣れた家であることがほとんどです。

この場合、建て替えやリノベーションなどの大掛かりな工事をしてしまうと、今まで住み慣れていて愛着のある家の雰囲気はまったくといっていいほどなくなってしまいますので、出来る限り今までの家の雰囲気を残したいのであればリフォームをするのがおすすめです。

一部だけを新しくするため、家全体の住み心地は変わりませんし、愛着のある家の雰囲気もそのままにすることができるでしょう。

また、工事期間が短く予算も安いため、早急にデザインや機能の改善をしたいという場合にも大きなメリットになります。

例えば、お風呂のタイルが剥がれていたり、水はけが悪くてカビが生えてしまったりしている場合などは、そのまま放置しておくと、より老朽化のスピードを早めてしまいます。
このような場合は一刻も早く改修をしたいので、工期が長くかかるリノベーションや建て替えよりはリフォームを選択するのがいいでしょう。

これは工事期間が短いということにも関連しますが、リフォームは一部分を改修する工事がほとんどであるため、仮住まいを借りる必要がないという点もいいところです。

リフォームのデメリット

しかし、この「一部分を改修する」という特徴は、リフォームのデメリットとも言えます。

一部を改修するということは、逆にいえば間取りの変更などの大掛かりなデザインの変更ができないということだからです。

あくまでも新築のときの状態を取り戻すことを目的として行われるため、当初のデザインの変更は原則としてできないことが、リフォームのデメリットといえるでしょう。

例えば、先に挙げた家族が増えたりして部屋の数が足りなくなってしまった場合や、子供の成長にともなって子供部屋を新たに作る場合などはリフォームでは対応できません。この場合は、リノベーションの範疇になります。

内装や外装に限らず、表面的な改修についてはリフォームで十分対応できますが、家の基礎部分や内部構造自体を強化するという工事をリフォームという範囲でやってしまうと、リノベーションや建て替えよりも劇的な変化は見られないのに、費用は高くついてしまうといったようなことが起こり得るということは特に注意しておきましょう。

 

ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 平日8:30〜20:00